金取引要綱

  標準取引 ミニ取引
取引の種類 現物先物取引 現物決済先物取引
標準品 純度99.99%以上の金地金 標準取引と同様(現金決済先物取引の対象)
売買仕法 システム売買による個別競争売買(複数約定) 標準取引と同様
限月 新甫発会日の属する月の翌月から起算した12ヵ月以内の各偶数限月(6限月制) 標準取引と同様
当月限納会日 受渡日から起算して4営業日前に当たる日(日中立会まで) -
取引最終日 - 受渡日から起算して4営業日前に当たる日(日中立会まで)
最終決済日 - 取引最終日と同日
最終決済価格 - 標準取引の当月限納会日の最終帳入値段
新甫発会日 当月限納会日の翌営業日(日中立会から) 当月限取引最終日の翌営業日(日中立会から)(標準取引と同日)
受渡日時 毎偶数月末日の正午まで(12月の受渡日は28日の正午まで。受渡日が休業日又は大納会に当たるときは順次繰り上げ) -
受渡供用品 標準品と同等であって、取引所が指定する商標等の刻印のあるもの。受渡品の供用量目の増減はなし
受渡場所 取引所の指定倉庫(東京都所在の営業倉庫)
受渡方法 渡方は受渡品にかかわる取引所指定倉庫発行の倉荷証券を、受方は受渡値段による受渡代金をそれぞれ当社に提出して行う
立会時間 日中立会 : 午前 9時00分 ~ 午後 3時30分 当月限取引最終日の翌営業日(日中立会から)(標準取引と同日)
夜間立会 : 午後 5時00分 ~ 翌日午前 4時00分
取引単位 1キログラム(1枚) 100グラム(標準取引の1/10)(1枚)
受渡単位 1キログラム(1枚) -
呼値とその値段 1グラム当たり1円刻み 標準取引と同様
CB幅 夜間立会開始時に前計算区域の帳入値段(新甫発会の場合は隣接限月の帳入値段)を基に設定 標準取引と同様
証拠金 2011年1月よりスパン証拠金制度が導入されたことにともない(株)日本商品清算機構が証拠金額計算の基礎となる値(変数)を決定
建玉数量の制限 売または買のそれぞれにつき次の数量 売または買のそれぞれにつき次の数量

TOPへ戻る