金の特性、注目されている理由

画像

金相場は世界的な株安を引き起こしたリーマンショックや、欧州で発生した金融不安などで多くの資金が投入され、2011年にはNY先物市場で1,900ドル台、TOCOM市場で4,700円台など、国内外の市場で史上最高値を更新して注目されています。株式や債券などが暴落する中、金が安定的に高値水準で取引されている理由は何でしょうか。それは金の特性として、腐敗や酸化することがなく供給量も変動することが無いため、高い希少性と不変の価値を持っている点にあります。また他にも金は宝飾や工業用の需要や、投資目的の重要だけではなく、世界各国の中央銀行の保有需要があり需要が途切れることがない点や、インフレなどにも強く、長期的に保有できる財産として優れています。「有事の金」と呼ばれるように、世界的な重要事象や経済不安などが発生しても、唯一無二の安全資産としての役割を「金」は持っていると言えるでしょう。

TOPへ戻る